スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素質判定について(スタホ49)

今日は赤権について書きたいと思います。
ご存知の方もいらっしゃると思いますがご了承下さい。

ご存知の通り赤権といえばWBC、SWBCを無料で出走出来る権利の事です。

赤権で注意しなければならない事は黄権と違ってずっと保持出来ないという事です。
例を出すと、
①WBCで赤権を確認→②G1勝利→③WBC勝利→④SWBC着外→⑤WBC赤権なし。

①の赤権を使おうと思っても②で青権を獲得した為、消滅してしまいます。
⑤で赤権を確認出来た場合は④~⑤の間で赤権に当選しただけです。

赤権の当選方法ですがWBCとSWBCでは違います。
WBCは餌による当選。
SWBCはWBC2着OR3着にて抽選。餌による当選はありません。

本題に入りますが、よくWBCに出さないと素質がわからないといいますが
発動馬クラスになるとWBCにて素質判定するには信憑性にかけます。

赤権は青権を獲得すると消滅すると言いましたが、正確には青権に加算されると
いった方が正しいでしょう。
加算とはオッズが良化することを意味します。

しかも赤権は複数枚(枚数といっていいかはわかりませんが)加算する事が出来ます。
初代でひたすら鯛焼きやサイロ餌を与えて引退間近にWBCに出走すると
6倍ぐらいで出れます。
青権を所持した状態でも鯛焼きやサイロ餌を与えるとオッズは良化します。

発動馬の餌は高額餌がほとんどですよね。
なので最初のWBCで素質判定をするなら通常餌で行うべきです。
ただ素質が高い馬程オッズには顕著に出ないため問題ないかもしれませんが。
SWBCは餌によるオッズ良化が出来ない事と合計獲得賞金枚数が多いため
(端数が正確に出る)素質判定には一番向いています。
SWBCもWBC2着3着を挟むと素質判定が難しくなりますが。(理由はWBCと同様)

それでは!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

紆余曲折
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する