スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

継承型・配合テクニックについて 基礎編(スタホ17)

スタホ2とスタホ3で配合方法が大きく変更となりました。

変更点
①ニックスの廃止
②インブリード対象馬が33頭となり能力アップする効果は全11種類。
③各馬での継承型廃止、サイアーライン(系)とファミリーライン(族)の組み合わせで継承型が決定。

今日は③について書きます。
スタホ3になり牡馬はサイアーライン(系)(21種類)、牝馬はファミリーライン(族)(28種類)と分けられています。
配合例を出すと、オペラハウス(サドラーズウェルズ系)×シンコウラブリイ(アンティペイション族)
だと平均になります。オペラハウスが平均という訳ではなく「サドラーズウェルズ系×アンティペイション族」の組み合わせが平均になるという事です。

※系と族は子に遺伝します。これ非常に大事です。
上記馬が牡馬の場合サドラーズウェルズ系になるということです。
子に遺伝するという事は発動馬一歩手前で継承型が一発となった場合に両親馬の性別を変更するか、片親を最低でも2回まわす必要が出てきます。
例を出すと、牡馬A×牝馬B=一発の場合、牝馬BをC馬でまわして、また牝馬の場合はラインは変わらないため、牡馬A×(牝馬B×C馬)=一発のままです。
継承型を堅実にする為には、
①牝馬Bを牡馬(牝馬B×C馬)に変えた後に牡馬Aと堅実になる族を配合して牝馬にする。
②牡馬Aを牝馬(牡馬A×C馬)、牝馬Bを牡馬(牝馬B×C馬)に変更し堅実となる系、族を選択する。

スタホ2では引退式を迎えるまで継承型は不明でしたが、このようにスタホ3では自分で思うように継承型を操作出来るようになり、配合を考える楽しみが出来たといえます。ただし慣れるまでは面倒ですが…汗

次回は発動馬一歩手前で継承型に困らない配合テクニックについて書きたいと思います。

では!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

モーニン^^

この間は赤権の的確なアドバイスありがとうございました☆
ここから巻き返し頑張っていきたいと思いますっ

結果が良くてよかったです。
馬を走らせるのに正解はないので後悔しないように頑張って下さい^^

No title

お疲れ様です。
やっと書き込めました^^
でもやはり携帯からだと書き込めないので、漫画喫茶から書き込んでますww

ライド連勝×2

お互い死力を尽くしましょう!

トッシイさん
コメントありがとうございます。
スタホ3になってライドは全くやっていませんでしたが
イベントのお陰で連勝記録を目指す楽しみが出来ました^^
全国ランキングに載れるように頑張ります。
紆余曲折
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する